ホーム>心陽コラム>健康ニュース・最新研究>書籍>フリーランス女医は見た医者の稼ぎ方
書籍

フリーランス女医は見た医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た医者の稼ぎ方臨床研究の指南書を紹介したあとに、フリーランスの麻酔科医が記す業界裏話暴露本を紹介するのもおかしいのだが、さすがドクターXの監修をしている筒井先生の著書だけあって、辛口の切れ味が痛快である。

ときどきビジネスと照らし合わせて表現しているところなどはむしろ筒井先生が誤解、勘違いしていると感じられる記述も多いのだが、中にいた人間だけに大学病院や大病院に対する風刺はかなり的を射ている。

おもしろおかしく書くことを望まれているため、期待に応えすぎな感もあるが、私も含め麻酔科医というものは、そういうサービス精神旺盛なところがある。

患者を、患者の家族を、外科医を、その他のコメディカルスタッフをいかに機嫌よく、気持ちよく持ち上げるかということばかりを考えいてる人種なのだ。

麻酔科医の腕前

米倉涼子

この本には麻酔科医としてのスキルがあれば食いっぱぐれることはなく、外科医から指名が入ると書いてあり、間違いなくその通りなのだが、残念ながらよい麻酔が患者の予後に直結するという明確なエビデンスはない。

エレガントで技術の高い外科手術や麻酔はしていてもみていても気持ちのよいものだが、本来、社会全体に寄与する医療というのは誰がやっても効果を発揮する簡単な術式や医療ですらないソリューションだろう。

少し前には考えられなかった腕を売りにするフリーランス医師(元祖はブラックジャック?!)だが、もう少し先の世界には医師の腕前なんてものが議論の俎上にあがることすらなくなるのかもしれない。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinyo.pro/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/240

ページ上部へ