ホーム>心陽コラム>健康ニュース・最新研究>病院では好きな呼ばれ方を要求しよう!
健康ニュース・最新研究

病院では好きな呼ばれ方を要求しよう!

個人情報、個人情報とうるさい世の中なのに、どうして病院ではいまだにフルネームを呼ばれるの?
 
こんな疑問を持つ人は多いでしょう。
 
え?? 最近は病院でフルネームを呼ばれないよ。と想う方もいるでしょう。
 
最近は番号で呼ばれるから気付けなくて、結局大声で名前を呼ばれて叱られるんです。最初から名前で呼んでくれたらいいのに。
 
こんな方もいらっしゃるでしょう。
 
だって病院だもの、健康保険証以外の名前で呼んだら保険が通らないんでしょう?
 
いえいえ、そんなことはありません。
 
保険証の名前の通りに請求しないと、保険診療は受けられませんが、受付でお呼びする名前はなんでもかまいません。
この機会に藤原紀香でも浅野温子でも好きな名前になることもできます!
たとえが古い!!!(´д`)
 
それはそうと芸能人や政治家の方々は偽名を使われるのは当たり前ですよ。
特に政治家の笑っちゃう偽名、思い切って曝露したいくらい!(大人だからやりません)
 
保険証には情報をマスクしない空白部分にはシールなどを貼ってもかまいません。
パスポートは借り物なのでしないでね!(私はパスポートにシールべたべた貼ってるけど、友達みんなに叱られるけど、空港で叱られたことはないよ!)
 
ジェネリックを希望します! なんてシール、みたことありますね。
 
SOGI
 
今日、戸籍上(健康保険証上)の氏名を呼ばれたくない人々が、そのために、医療へのアクセスが心理社会的に制限されているという事実を知りました。
私自身は大嫌いな制度ですが、この薄利多売フリーアクセスの日本の医療制度の中で、アクセスしにくいという課題を持っている人がいるなんて信じられません。
医療機関はサービス業です。
お客様の快適さのためにお客様の望まれる方法でお呼びするくらいのことはしましょう。
そしてサービス機関を育てるためにも、お客様である皆さまはどう呼ばれたいかを伝えましょう。
「なぜか」(なぜ、保険証記載の名前で呼ばれたくないか)は説明する筋合いがありません。
「かしこまりました」「承知いたしました」「こちらの番号でお呼びしてよろしいですか」と即答できない医療機関で治療を受けなくても、まともな機関がたくさんあります。
悪い機関の悪口を広めることはありませんが、好意的に対応してくれる機関はどんどんシェアして口コミでよい病院によい患者さんを集めていきましょう。
 
最後に一つ、名前や呼称に関心や哲学のある皆さまにお願いがあります。
従業員面談をしていて、ほとんどの方が主治医の名前を即答できません。
医者も人間です。私たちも努力します。私が麻酔をかけた、たぶんのべ10,000人以上の患者さん、いったい何人、私の名前を覚えているのだろう?? 人間同士、お互いしっかり名乗り合って、それは戸籍や保険証上の名である必要はありませんから、お互いを尊重し、しっかりとコミュニケーションを取るための呼び名を、まず初対面で確認し合いましょう。
 
麻酔科医という職業ははじめて逢った人、そして、たぶんもう2度と会わない人を眠りから呼び覚ますという仕事です。
たとえば結婚したばかりの女性なら、配偶者の姓(現在の姓)で起こされたことはありません。
小中学生だって、姓を呼んで起こされることなんてありません。
外国人の場合は、どっちが姓か名かわからないこともしょっちゅうです。だから私は、いつも、患者さんに起こされたい名前を伺うようにしています。
その質問から医療上、たいへん重要なヒントを得られることも多いのです。
 
医者や医療機関のスタッフって、そんなにつまらない人間じゃありません。
しっかり向き合ってご希望を伝えてくだされば、人として真摯に対応いたします。
だからどうか、大切な友達を信じるように私たちを信じて、どうお呼びしたらよいか、教えてください。
 
勇気がないときは弊社にご相談ください。
力になりますよ。
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinyo.pro/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/249

ページ上部へ