ホーム>心陽コラム>生活習慣病とよくある疾患>熱中症には水やお茶が一番です
生活習慣病とよくある疾患

熱中症には水やお茶が一番です

スポーツドリンクは水やお茶より熱中症を防ぐのか

現場の労働者から、この時期、毎年出る質問とゆーか確認がこちら。
「汗でミネラルが失われるので、水やお茶ではなく、スポーツドリンクを飲んだほうがよいですよね?」
 
今回もそんな確認があったので、「そんなことはありません、水かお茶を飲んで下さい。(質問者の職場は熱中症リスクの高い暑熱環境なので)水中毒になるような環境じゃないので、浴びるほど飲んで下さい」と応えました。
でも、「水中毒」って多くの人に知られている病気でもないし、これじゃあ不充分だったなあ、と思って補足の回答を書いたので、それをこちらのコラムでも共有します。

まず、熱中症を防ぐためには水分の摂取が必要です。これは絶対。

その際、汗で塩分などのミネラルも失われるので、水分だけでなくミネラルを含むスポーツドリンクなどを飲まなければいけないというのは「ウソ」です。
 

脱水 スポーツドリンクこれはドリンク会社が商売のために誘導しているもので、エビデンスなど学問的な裏付けの存在しない話です。

熱中症では血管内脱水が起こっており、いわば塩分過剰の状態です。
ベストな飲み物は水やお茶です。糖や塩分が入っていない飲料が望ましいです。
 
もし心配なら、低血糖のときと同様、なめられるように梅干しや食塩など塩分を置いておけばいいでしょう。
 
ただし、よくある誤解で心配なのは「スポーツドリンクを飲んではいけない」とは言ってません。選べるのなら水やお茶をオススメしますが、この際、水分であればないよりはなんでもいいです。
とはいえ、忘れちゃいけないのが、スポーツドリンクに入っている「糖」の存在です。
熱中症リスクの高い環境にいるだけでかなりのカロリー消費がありますので、糖もしっかり摂ったほうがいいのですが、特にドリンクで摂る糖はたちが悪いので、しっかり食事で糖を摂って、水分では摂らないことを推奨します。
 
また、塩分が奪われるという表現やミネラルが失われるという表現が混ざり合っていますが、今更ですが食塩は塩化ナトリウム(NaCl)で、ミネラルのうちナトリウムとクロールがくっついて別の物質(塩)になったものです。水(H2O)が水素と酸素とは別物であるのと同様、塩化ナトリウムもナトリウムやクロールとは別物です。また、ナトリウムが大事説はおそらくナトリウムカリウムATPアーゼから連想されていると思いますが、このポンプを回すために必要なのは別のミネラル、マグネシウムです。
 
水やお茶にはナトリウムは含まれないというのは偏見で、麦茶などはミネラル豊富です。紅茶の茶葉にはスポーツドリンク並のナトリウムが含まれています。
天然水にも豊富なミネラルが含まれています。スポーツドリンクに含まれるナトリウムは100ml中35mg程度、ポカリスエットは多めで49mg、それでもそれ以上含まれている天然水もあることに驚かれるのではないでしょうか?
 
水にはナトリウムが入ってないからダメ、という前提は、水にもナトリウム入ってますけど? という事実に簡単に破られてしまいます。

熱中症リスクの高い環境で働く皆さまへ

人間は生きているだけで、一滴も汗を流さなくても、極寒で震えていても、大体体重(kg)の2倍(ml)くらいの水分を消失しています。(不感蒸泄)
60kgの人なら120mlくらいです。
 

お茶 ミネラル熱中症リスクの高い環境では、 目に見える汗と尿は別カウントで、不感蒸泄として5倍くらい奪われていてもおかしくありません。

健康な人の腎機能では余分な水は尿として排泄されるので、水の飲み過ぎを心配する必要は全くありません。
 
職場(現場)からトイレが遠いと、トイレを我慢するために水分を節約するという声もあります。暑熱環境では余剰の水分があれば発汗するので、激しい尿意を感じることはあまりないのではないでしょうか。おそらく熱中症リスクの高い環境で水分過剰になることはほぼありえないので、トイレの我慢はあまり意味がありません。それが脱水を加速して、膀胱炎等に繋がる場合もありますので、よく飲んでよく出すが基本です。
おしっこに色味があったら確実に脱水だと思ってください。透明でもフツウです。
排尿は体温を下げる効果がありますので、熱い現場にいれば尿意があって当たり前なのです(体温を下げたいと体が考えるから)。
たくさん水分を取ってたくさん排尿することによって、脱水を防ぐだけでなく体温を下げる効果もあり、また、脱水は体温を上げてしまいます。

水中毒って何ですか?

それではナトリウム不足とはどのような状態なのでしょうか。
 
低ナトリウム血症という通称、水中毒と呼ばれる病態があり、ドリンクメーカーでは熱中症と、この全く関係ない病気である水中毒を混同させることでスポーツドリンクを飲むのが一番よいという誤解をわざと与えています。
水中毒は塩分が少なくなることで起こる病態で、神経症状、つまりめまいや頭痛、「なんとなく頭が変な感じがします」的な症状やろれつが回らなくなるなどで発症します。ここまでは熱中症と似ていますが、水分過多になっている必要があるので、暑熱環境下でこの状態に至るには確実に体重(kg)の100倍以上(ml)の水を飲む必要があります。
確かに、いかに多くの水を飲めるかを競う競技で7500mlの水を飲んだ女性が死亡したという事例や、サッカーの練習中1400mlの水分を摂取した男性が死亡した事例が確認されています。
塩分過少でも死に至る場合がありますが、そのレベルは数本のペットボトルで起こるようなものではないと覚えておきましょう。

おまけ)ポカリスエットのほうが喉を潤す?

この補足に対し、面白い質問が出たのでそのQ&Aもシェアします。
 

夏場にお茶や水を飲んでものどの渇きが止まらず、 ポカリスエットなどを飲むと止まります。

のどの渇きとミネラル不足はあまり関係ないのでしょうか?

 
口渇は「情動」で心理的なものですが、肉体的な「脱水」を気付かせる機能が最も大切です。
 
たとえば開腹手術の前中後は経口摂取をとりやめて点滴で水分を補正します。
特に手術後は生理学的に完璧な水分バランスにしているのですが、多くの患者さんが口渇を訴えます。
これは「長い間水を飲んでいない」という心理的な因子と口腔内や唇、上気道の乾きが関連していると言われています。
 
脱水があるのに口渇を訴えなかったり、脱水がないのに口渇を訴えすぎたりする場合は、さまざまな病気が隠れている可能性があります。
たとえば本当の水中毒状態では口渇を感じてどんどん真水を摂ってしまいます。
熱中症の場合は脱水状態に比して口渇を覚えないことが多いです。
 
さて、質問者の口渇とポカリスエットの関係ですが、ミネラルではなく「糖」が怪しいと私は思います。
一度、一切、糖の入っていない塩水で実験してみてはいかがでしょうか?
糖の入っていない塩水で実験してみたら、やはり塩水で口渇がぴたり止まる場合、ミネラルの異常がいくらかは疑われますので、血液検査でミネラルの量をみてみましょう。
糖には一種の中毒性がありますので、「口渇」という意識で糖を摂ろうとしているのかもしれません。
 
人間の感覚は思ったほど、あてになりません。
熱中症リスクが高い環境で働く皆さまは、水分の取り過ぎを心配する必要は一切ありません。
健常成人において過剰な水分は排泄されますので、ともかく水分をしっかり摂ってしっかり働き会社と社会に貢献しましょう!!!
 
天然水 ナトリウム
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinyo.pro/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/258

ページ上部へ