ホーム>心陽コラム>健康経営>高尾メソッド>最新事情から解く 産業医活用法
高尾メソッド

最新事情から解く 産業医活用法

産業医は企業がうまく使ってこそ、価値を発揮します

嘱託産業医は外注の専門職ですから、機能しない、使えない場合はどんどん取り替える戦略をお勧めします。
企業側が育成しなければ自然に機能するようになることはあり得ませんが、産業医の育成スキルを上げても儲かりません。
使えない産業医を使える産業医に成長させることに貴重な社内リソースを割くのはバカげているので、最初から「使える産業医」を選ぶことを激しくお勧めします。

健康経営

そもそも産業医は医師でなければならず、能力ではなく医師資格そのものに起因する人件費が高く、多くの企業では育成できないので産業医業務そのものを内製するのは不可能です。たとえば多くの医療機関では有資格従業員をあてがっていますが、見事に機能していません。
それなら産業保健業務全般のうち、どうしても医師免許が必要な部分のみを外注し、コストが高く能力の評価も育成も難しい産業医にはできるだけ依存しない体制作りが必要です。
「産業医の先生が〇〇してくれない」という経営者のぼやきを耳にすることがありますが、仕事させるために選任しているので、仕事をしないのなら取り替えましょう。我慢する必要はありません。自分や家族の主治医だと、なんとなく命や健康を人質に取られている気がするかもしれませんが、産業医に恨まれたところで痛くもかゆくもありません。
新規人選中に万が一、労基署から不在を指摘された場合は、いかに前任が機能しなかったかをきちんと説明して、機能する産業保健体制のためのテンポラリーな不在機関であることを示せれば、即罰金なんてことにはなりません。
従業員のターンオーバーコストほど大きな負担ではありませんが、産業医を取り替えるのにも何らかのコストはかかり、それは電球を取り替えるコストよりも高いので、LED電球を選ぶのと同様に頻繁に取り替えなくていい産業医を最初に選ぶのは肝腎です。
多くの産業医斡旋業者は「料金が安い」とか「精神科専門医」とかよくわからない売り文句を並べますが、それが「うちの会社」にどうメリットがあるのかよくわかりません。

「産業医育成時点から見出す、実力のある産業医とは」

かつてこんなに企業の実務者の問題解決に直結するタイトルの産業医関連セミナーがあったでしょうか。
 

最新事情から解く 産業医活用法

産業医の選び方
日時 2019年1月17日(木)
   14:30~17:00(開場14:15~)
 
第一部 高尾先生講演 
「産業医育成時点から見出す、実力のある産業医とは」
 
第二部 森 先生講演 
「労務管理の視点から読み解く産業保健体制~メンタル対応事例の紹介~」
 
参加費2,000円 事前申込制・先着順(定員70名)
 
高名な意識高い系産業医が社内の労働衛生をリードしてくれるのは理想ですが、要選任事業場の大部分を占める中小企業における多くの嘱託産業医が、あんまり機能していないのが現実です。
産業医も従業員も採用時が一番大切!! 実業務に直結するすばらしいセミナーが高尾メソッド開発監修の高尾総司先生から直接伺えるチャンスです。
 
是非、お運び下さい!!!

高尾メソッド

岡山大学が10年以上の対応実績をもと厚生労働省の補助を受けて確立した「業務遂行レベルにもとづくメンタル対応」、通称「高尾メソッド」を、弊社では標準プログラムとして取り扱っております。
個人レベルの健康管理は従業員自身が、組織レベルの健康管理は企業が行なうのが最もムダがなくて有効です。

健康管理は社員自身にやらせなさい

「高尾メソッド」を導入するだけで、組織の公正性は向上し、属人的な場当たり業務が激減します。
メンタルヘルス不全による勤怠への影響は深刻なものですが、全従業員の中でメンタルヘルス不全で休職や復職を当事者として経験する従業員よりも、同僚として経験する従業員の方が圧倒的に多いものです。
個人レベルのメンタルヘルス不全は、いかに予防を徹底し働きやすい職場環境の形成に努めたとしても撲滅することはできません。どの従業員でも自分が当事者になるかもしれないという不安があります。担当者の好き嫌いや気分で場当たり的な対応をするさまを、当事者だけでなく、周囲の従業員が見ています。
 
高尾メソッドの運用には特別な技術はいりません。ごくごくフツウの法令遵守の延長を、むしろ無駄を省いてシンプルに適用するためのメソッドです。理論がぶれず、わかりやすいので、メンタルヘルス不全による休職復職だけでなく、法定健診の事後措置、ストレスチェック制度の運用、過重労働面談など一般労働衛生や働き方改革はもちろん、健康経営にも充分に拡大利用していけます。
 
LSC(NPO学習支援センター)に入会すると、定例セミナーへの参加やさまざまな様式のダウンロードはもちろん、メールマガジンで他社の事例などアップデートな情報を共有できます。
高尾先生ご本人からの懇切丁寧な指導も受けられます。確実に投資価値のある内容です。
 
セミナーの前にはぜひ、「健康管理は社員自身にやらせなさい」を読んでください。目から鱗の納得情報満載で、
高尾先生のファンになってしまうこと間違いなしです。
 
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinyo.pro/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/294

ページ上部へ