ホーム>心陽コラム>健康ニュース・最新研究>書籍 演劇 セミナー>ダマシダマシ生きる
書籍 演劇 セミナー

ダマシダマシ生きる

ホンマでっか!?TV

第26回日本産業ストレス学会の特別講演に、スタート以来大スキなテレビ番組、「ホンマでっか!?TV」でおなじみの池田清彦先生が登場すると知り、いそいそと最前列に座ってしまいました(#^_^#)

ホンマでっか

まずはAI時代の働き方への提言からはじまりました。一定のルールの下で一定のアウトカムを出すような業務においては、当然、人間はAIにかないません。特に画像診断や税務処理などの間違っちゃいけないけど超複雑だからこそ、よほど賢い人が資格を取って行なっているような業務に関しては、「間違わない」AIに勝る人間はいません。

将棋にしても囲碁にしても一定のルールに沿って勝敗が決まるのなら、あらゆる棋譜を公平に暗記できれば負けません。負けないというより間違えないのです。私たちの記憶はAIのように公平ではなくて、たとえば交通事故に遭った瞬間などをスローモーションのように記憶しているとか、緊張のあまり面接中の記憶がほとんどないとか、そんなことは大いにあり得ます。試合中にこの局面が大事かどうかは主観によるので、大事なところを覚えているつもりでも、それが本当に大事なことかどうかわかったころには時すでに遅しです。

「すでにアメリカでは長距離トラックドライバーはAIしかいない」と池田先生はおっしゃっていましたが、特に高速道路では、ほぼ100%、自動運転に切り替えるということでしょう。道交法というルールを間違えないのは、AIの得意中の得意です。

石黒教授 ロボット

一方で先の読めない、ルールのない試合ではAIは戦力になりません。突然理解不能な動きをする幼い子どもと対面で向き合って情緒を育てるなんてことはできないのです。生身の人間同士のローカルなやりとりはAIに取って代わられないので、その種の仕事はAI奪われず存続すると指摘します。

これからAIと共存していくためには、けっしてAIに代替されない過去の集積からは予測不可能なパフォーマンスを発揮するか、むしろAIを使いこなすアイデアにおける新奇性を目指すかの二択か両方になってくるでしょう。

たとえばロボット工学の石黒教授は自分で開発したイシグロイドに講義をさせているそうですが、学生に言わせると「生身の教授の授業よりわかりやすい」んだそうです。
池田先生は笑いながら、「そりゃそうだよね、余計なこと言わないんだから」と。もしも講義のパフォーマンスがシラバスとの同一性により評価されるのなら、オヤジギャグで脱線する池田先生の講義よりもアンドロイドがよいことにはなりますが、予定調和の外にある天才的脱線こそが、一流の講義の醍醐味とも言えます。勝つ喜びや負ける悔しさの表出などのムダを排除した、ミニマムで正確な動きしかしないアンドロイド同士のスポーツ対決をみてもおもしろくも何ともありません。もしAIがやるとしても、脱線するようなアンドロイドだったらエンタメになるかもしれません。しかし上手に脱線させるプログラムは難しそうですね。

所得格差

AIが発達するに従い、低賃金の単純労働はどんどんAIにやらせるほうが効率的になり、AIのリソースマネジメントをする仕事に従事する高額所得者と、仕事を奪われた失業者との収入差がどんどん開きます。先月、連載中のばんぶうで収入格差について書きましたが、収入格差の大きい集団は健康にも影響が出ますので、社会全体が元気であるためには収入格差の是正が重要です。また、そのような一部のハイパフォーマー、高額所得者を自分の組織につなぎ止めておく工夫も必要です。差が開けば開くほど人材の流出リスクは増え、その他大勢の低所得者が路頭に迷うことになります。差があっても、その差が格差ではなく多様性ならいいのです。きみ稼ぐ人、ぼく遊ぶ人として互いに生きがいを持って満足していればいいのです。

池田先生はベーシックインカムの導入で、ベーシックインカムをしっかり消費行動している人にこそ与え続けるようなしくみで市場を活性化して、国全体の生産性を上げていく作戦を提案されました。

とんちんかんな科学研究費投資

少数の大金持ちのお金を配分してもらったら、はじめてゆっくりのびのび研究もできます。研究にはもっと予算を投じるべきで、憲法改正なんていう儲からないことはしなければいいというご意見も愉快でした。
確かに国という大きな組織を儲からせるのは、国民にとってもよいことですから、儲かるかどうかの視点でやるのはまさに健康経営です。そういう意味では教育や研究への投資はベストバイです。

本庶先生のノーベル賞が決まった際、こんなコラムを書きました。
ウォーレン・バフェット氏とノーベル生理学賞と健康経営

ノーベル賞級の発見なんて、ほとんどが偶然や失敗がきっかけのひらめきflairから生まれるもので、運の産物です。
イノベーティブな発見につながる研究を行ないそうな人に適切な研究費を与えるという仕事は天下のAIにも難しいものですから、つまらない研究をさえする能力すらない官公庁の偉いおじさんたちにそんな評価ができるわけがありません。
そもそも研究費を出すか出さないか研究計画で判断するなんておかしな話です。そういうおじさんとかじーさんとかの仕事こそ、ムダ中のムダ、彼らの人件費を全部研究費にして、あらゆる研究に投資すればいいんです。

ありのままに生きる

アホみたいな話ですが、世の中には「金のもらえる研究申請書講座」みたいなものが存在しますし、10年連続年間1千万以上の研究費を獲得しました!みたいなことを自慢している研究者もいます。最低すぎて言葉もありません。池田先生の話では大学は科研費を取った職員から何割かピンハネするそうです。だから取れ取れって言うんですね。ちなみに私はなんちゃってですが研究者でもあるので、民間の熱心な社長さんたちから、ビジネスで得たデータを社会に役立つ科学的な研究に用いて下さい、と頼んでないのに託されてしまうことがよくあります。そんなデータを用いた研究計画をアカデミアで発表した際に、下世話なデータイーター、研究費イーターの高名な研究者に、「そのデータ、いくらだったの?」と尋ねられたことがあります。

「タダでもらいましたけど、絶対、先生にはくれないと思いますよ」と言ってやりましたが、むしろ昨日のコラムに書いた大原孫三郎のように自分自身は学校教育をまともに終えていないとしてもAIを使う側、収入格差の上の方にある人が、その強運や勘を活かして、ぱーんとアカデミックリサーチャーに投資するようなしくみが日本でもあったらいいのに、と切に感じます。
たとえばビルゲイツ氏はそういった活動も熱心に行なっていて、私程度の元にも助成金に関する知らせが届いたことがあります。
池田先生は講演の中で、孫さんや柳井さんの資産は1日1億円使っても300年かかると言及されましたが、そんなことなら影響力の高い先生がそういうスキームを作って下さいませんかと訴えたところ、「めんどくさいからやらない」と断られました(笑)

働く従業員と働かない従業員は本当にリバーシブルなのか

余剰資産

さて、童話や町で見かけるアリさんは常に熱心に働きづめですが、巣の中にはずっとたくさんの待機中なり非番なりの働きアリがいて、ある瞬間には約5〜7割の働きアリが労働をしていず、長期間観察しても、2〜3割の働きアリはほとんど労働をしないことがわかっています。昆虫の中でもアリの多くの種は社会性昆虫と分類され、この研究は人間社会構築にも役立つと考えられています。
人間社会でまことしやかにいわれている「二八の法則」とか「パレートの法則」とかいうものは、会社の中で働いているのは2割の人だけであり、その2割の人だけにしても、やはりその中の2割の人しか働かない、というものですが、それは働きアリにも当てはまると言えるのでしょうか。

「Scientific Reports」に私の母校の長谷川英祐先生たちが発表した論文によると、どうやらそれは社会性アリにも当てはまるようです。
 
研究チームは社会性昆虫の集団の中に何割かの働かない個体が存在していることから、集団としての生産性を下げているはずのそれらの個体がなぜ存在しているのかを研究し、長期的には働かない個体の存在が働きものの個体の「代替要員」となり、集団の存続に大きな役割を果たすという余剰資産としてのリスクヘッジ機能をつきとめました。有事には平時以上のリソースが必要になりますが、そのためのフェイルセイフ機構を担保しておくのはなかなか簡単ではありません。
ちょうど12月2日(日)の新聞でとりあげていたような災害時の労働衛生の難しさや、私の師であるStephanos N. Kales先生が専門とする消防士の労働衛生、救急医療に従事する医療者たちなどの仕事にとっては特に必要なのですが構築の困難な機構です。
 
社会性働きアリには集団が行うべき仕事に対して反応する閾値に差があり、どの程度その仕事が差し迫り、他にその仕事を行うアリがいないかで働き始めるタイミング、言うなれば仕事に対する腰の重さのようなものが、それぞれ異なるそうです。
その閾値が全方位的に高めな、つまりかなりの差し迫った状況にならないと働き出さないアリが実験などで観測される「働かない働きアリ」で、これだけ見れば「怠けアリ」ですが、実際は特命係長只野仁的な使命を帯びているわけです。真価を発揮するその瞬間のために、静かにツメを研いでいるのです。だからこそ働きアリだけを集めても、働かないように見えるアリだけを集めても、そこには閾値の階層ができて、働き具合に傾斜がつきます。池田先生の言葉を借りれば、働くか働かないかは「リバーシブル」です。つまりこの閾値の多様性が、アリ社会のサステナビリティーのためのダイバーシティ&インクルージョンなわけです。
 
ところがそんな私の理解を打ち破る池田先生の話題は「アミメアリ」についてのもです。アミメアリを研究する京大の土畑先生は、アリ研究の大半が社会性昆虫研究であるのとは裏腹に適応進化研究者です。健康経営の生みの親、ローゼン先生の最新刊『CONCIOUS』はまずカメレオンの適応能力の話題からはじまります。ほとんど動かず、一部のスキルが突出し、適応能力の高い従業員が健康経営で真価を発揮するという例示ですから、適応進化研究者によるアミメアリの組織観察はたいへん興味が持てます。アミメアリはほぼほぼ全員「メス」なので、ある意味全員ワーキング女王アリなわけです。このような単為生殖種は1万数千種のアリの中でも2種しかいないそうです。
 

ありの行列アミメアリは馴染みの行列をつくって機能的に分業して熱心に働きます。単為生殖ですから減数分裂、2Nを用いて損傷部分を修復しながら忠実に優秀な兼業主婦をクローニングしていきます。それでもときどき転写ミスがおこり、単独Nのオスが発生します。

昆虫のオスは主に交尾や子育てやエサの確保など、生殖と業務に明け暮れるものですが、単為生殖の女系社会ではまさに存在意義がありません。まさにできちゃった、生まれてきちゃっただけの存在です。
池田先生は「『生まれてきた意味』なんてなくたっていいじゃないの」と笑顔で話しながら、例としてアミメアリのオスをあげてくれました。
 
そんなバリキャリ女子社会のアミメアリの世界にも働かないアリがいるそうです。多くの社会性アリは女王の産んだアリをオスの働きアリが育てることによって業務分担や適正配置を行なっていくようなのですが、完コピバリキャリ女子社員中心の株式会社アミメアリでは一子相伝完全世襲制なので、人材育成や適正配置は不要です。その中の働かないアリは、働かないアミメアリからの完コピキャラなので、有事にも活躍することはありません。他のアリのようにリバーシブルではないのです。
池田先生の言葉を借りれば、「ニートの子はニート」状態です。
働かない分ヒマなので、人一倍(蟻一倍?)タマゴは産むんですね、で、だんだんニータント(勝手に私が創った造語です、NEAT-Ant)祭りになっていくなかで、働くアリがニータントを養う分、過重労働で過労死しちゃうんです。完全ブラック企業状態です。過労死するのは働くアリだけなので、どんどんニータント王国になっていき、最終的には倒産します(巣が崩壊します)。

池田清彦先生

それでもなぜ、働くアミメアリもニータントも滅びていないかというと、倒産企業から命からがら逃げ出したニータントたちは、また、うまくいっている企業(巣)にうまく入り込んで優良企業の働き女子たちに寄生して暮らすそうです。一方で、働くアリの中にもニータント化してきたブラック企業に見切りをつけて、新天地を求めて転職する賢い子たちがいるようなのです。冒頭の経済格差の話にもつながりますが、おそらく再就職するアミメアリたちはニータントも働き女子も再就職したことのある親から生まれたのでしょうね、完コピだから。
 
組織開発には組織を組織曝露と組織アウトカムで評価するエコロジカルな視点が必要だと口を酸っぱくしていっても、経営者は必ず、アイツはこういう正確だからとか、コイツがああ言ったからとか、属人的なスケールを持ち出したがりますが、相手が蟻だとあまり区別がわからない分、説明しやすいかもしれません。社会性生物研究は組織開発の参考として、かなり適していると言えるでしょう。倫理的な配慮なども人間よりはゆるそうです。ある意味、こんな従業員いるよね、というあるある社員ロイドをAIで量産して仮想組織を作った上で組織計測するのもおもしろそうです。
 
人間とAIの差として、その尊厳についても教えてくれました。乱暴な例としては風俗業務はAIの卓越した技術でやってもらったほうが顧客満足度も高まるし、何を頼んでも何を言っても倫理的な配慮は不要だから風俗業もなくなるだろうと。確かに性行為感染症や妊娠などのリスクはAIにはありません。素人童貞的に人間童貞みたいな表現も出てきそうです。
高尚な例として沖縄県南城市佐敷と東京都杉並区で同時に調査をしたところ、認知症の発症率は4%と同程度ながら、周辺症状の発現が佐敷ではゼロ、杉並区では半数以上だったという研究を上げてくれました。
佐敷では年寄りを敬う文化が徹底していて、認知症の有無にかかわらず周囲の若者が尊敬の念を持って接しているからだろうと考察されていました。
 
池田先生はテレビで拝見するのの何倍も素敵で、1時間の講義はあっという間でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinyo.pro/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/296

ページ上部へ