ホーム>心陽について UNIQUENESS>心陽にできること SHINYO'S UNIQUE GOOD PRACTICES>専門医として研究者として社会的責任を全うする(MSOHP)
心陽にできること SHINYO'S UNIQUE GOOD PRACTICES

専門医として研究者として社会的責任を全うする(MSOHP)

MSOHP(Medical - Social Oriented Health and Career Promotion)

産業医 何もしない

手術などメディカルプロジェクトには炎上によるグズグズの空中分解はありません。20年間の手術管理の経験を活かし、すべてのプロジェクトをしっかりと完結させます。大きな目標、高い目標のために、業務や人材育成、人事総務の業務を段階的に完結させていくサポートを行ないます。

医学はエビデンスや実症例に基づいており、産業保健、労働衛生は主に法律や判例に基づいています。
一方で健康経営(Health and Productivity)は行動経済学や社会疫学なエビデンスや実例に基づいています。
組織や環境の改善は組織心理学、産業衛生学、人間工学などに論拠しています。

産業医は組織のかかりつけ医、組織の生活習慣を整えて致命的なイベントを起こさず、楽しく幸せにワクワクする毎日を末永く生きるための伴走者です。
ときには一般的なかかりつけ医と同様に、一緒にプロモーションに参加したり、さらに高次の専門機関を紹介したりします。

オンライン診療心陽の特徴として、命を救う現場で20年にわたる臨床経験を持つ専門医ならでは、医療機関(心陽クリニック)との連携により、バーチャル企業内診療所SHINEクリニックを通して、企業と社員による社員単位の訪問、およびオンライン医療サービスを提供します。
会社にいながらアブセンティーズムなく、プレゼンティーズムを削減できます。

 

ウェルビーイングスコア

また研究者として企業内のデータを解析し企業ごとの業務関連性ウェルビーイングを測定します。各社員がゲーム感覚で健康行動を選択する度にスコアは上がり、各社員がその健康行動、心理社会的ウェルビーイングによって会社に貢献している度合いを社員全員が互いに見ることができます。もちろん部門単位、組織全体での評価も可能です。

「会社の業績は社員の健康状態で9割決まる」といいます。産業医は産業保健の専門家で、経営判断において医学的なコンサルテーションを行なうのがメインの機能です。働く従業員の健康管理はもちろん、組織の運営に通じ、バイオ、サイコ、ソーシャルなユーダイモニア的ウェルビーイングが最大になるアウトカムを導きます。健康診断事後措置やストレスチェック実施者として専門外の産業医は存在しません。
働かない産業医、仕事を選ぶ産業医にお困りの企業は、すぐにその無駄なコストを削減しましょう。

「人材こそ最重要資源」と謳うのは簡単ですが、表現以上の実感を当の社員に持たせてはじめて意味を持ちます。人材をコストから資源に変える改革に、今、踏み出しませんか。

 

ページ上部へ