ホーム>確実な生産性向上を目指す皆さまへのサービス>「見える」&「変わる」ストレスチェック>「見える」&「変わる」ストレスチェック
「見える」&「変わる」ストレスチェック

「見える」&「変わる」ストレスチェック

ストレスチェックは健診同様、その後の行動変容が何より大切です

ストレスチェックでは個人への産業医面談による効果については、科学的な検証は不充分です。

その理由の一つは受検者のうち多くて数%の従業員しか産業医面談を受けないからです。

心陽ではストレスチェックの結果と関係なく従業員全員と産業医が面談を行ない、そのときにストレスレベルにかかわらずストレスチェックの結果を健康診断結果や勤怠表と同時に参照し、個人としてどのような行動変容ができるかを話し合っています。

 

「見える」&「変わる」個人結果

個人結果
SC on Cloud
 

棒グラフで蓄積ストレスレベルを見やすく表示(レーダーチャートよりシンプルで明快)

自分の成長度が一目でわかる経年比較。面談時に利用すると介入の効果が明らかになります。

コーピング(ストレスと付き合うための手法)の説明と個人傾向を指摘(法定外付録)

こちらも成長度がわかるので好評です。

「見える」&「変わる」集団分析

ストレスチェックの事後措置のうちエビデンスがあるのが集団分析後の環境改善です。

心陽ではストレスチェックの結果を分析し、感覚的には多くの経営者が持っている、組織の心理社会的安全風土の醸成と上司による相互作用性ソーシャルサポートの重要性を科学的に証明することに成功しました。

ストレスチェックの事後措置を行なったあと、社員がやってよかったと涙するシーンもありました。

本気で使えば会社が大きく動くウェルネスプロモーションプロジェクトになるのがストレスチェックの集団分析にもとづく職場の環境改善です。

20184117592.png
 
まずは全体のレベルの分布を確認し、部署ごとに共通する特徴を感覚的に理解できます。
 
20184118011.png
 
相関分析により、着手の優先順位や計画が立てやすくなります。
主観的な情動に関連する部分と相関の高い環境要因を積極的にコントロールします。
科学的なエビデンスに基づく戦略的な介入で、組織の正義を高めるストレスチェックは心陽だけです。
 
20184118634.png

社員にもわかりやすい通知表表示!!

[GROUPING] 経営に直結する情報を引き出すための集団づくり(最重要ステップ)

[MAPPING] 各集団をひとつの表に  並べることで、自社の  強みのありかが『見える』!

相関分析
 

【相関分析】 心身のストレス反応と職場のストレス要因項目の相関分析を行うことで回答の傾向が「見える」!

【因果の推論】 症状や反応をもたらしている直接の原因、理由を推論できるから、症状や反応を減らすための対策が「見える」!

 

健康経営風土の構築と醸成

どのような制度もプログラムも使いようです。心陽はストレスチェック制度を含む法定制度をコンプライアンスのためだけでは終わらせません。プログラムのあとで明らかに組織が変わることで、従業員は制度そのものに納得し、企業の正義にうなずき、忠誠心を高めます。
心理社会的健康経営は心陽にお任せ下さい。

ページ上部へ