ホーム>心陽について UNIQUENESS>心陽にできること SHINYO'S UNIQUE GOOD PRACTICES

心陽にできること SHINYO'S UNIQUE GOOD PRACTICES

マネジメントする専門医 FOR HAPPY WORKERS & HEALTHY COMPANIES

健康経営(Health and productivity)とは

ソーシャルビジネスではないビジネスがないように、健康経営ではない経営はありません。
従業員のウェルビーイングは無限に高めることができるので、従業員は上限なく成長する最も価値の高い資産です。

従業員のウェルビーイングを測定する方法には様々なものがあり心陽では多くの知見に基づく結果につながる指標を用います。
心陽独自のSHINEライフを用いることで社内外におけるウェルビーイングによる社会貢献度は可視化されますが、もっと容易な方法として社員がどれだけいきいきワクワク仕事をしているかを見る方法があります。

心陽は組織の健康維持・増進を支援する専門産業保健サービスを提供します。

組織それぞれのVISION、MISSION、VALUEに応じた、真に機能する労働衛生管理を実現するため、現在の優れた取り組みを生かした組織健康戦略計画を提案しつづけます。
個人の健康は生き生きわくわく、社会とふれあい、やりがいをもって楽しく社会の役に立つことですが、組織の健康は心理社会的安全風土があること、相互作用的ソーシャルサポートがあることです。
このたび心陽ではこれらを科学的に証明することにも成功しました。

御社の強みを活かした独自の社会貢献を、すばらしいチームのメンバーたち、すなわち社員たちともっともっと実現して、会社と社員の相思相愛をふくらませましょう。

内外の産業環境保健研究実績を生かした専門職ならではの視点

たとえば労働者の法定健康診断制度があるのは日本だけです。本気で社員の健康を考えるのなら、ただ、勧められた健康診断を実施するだけでは足りません。健康診断実施率をあげることが、経営にどう関わるのかを考えたことがありますか。

生産性を決めるのは社員個人の能力やパフォーマンスだけではありません。アブセンティーズムとプレゼンティーズムという用語をご存じですか。実際に外部委託する産業保健サービスの費用対効果をきちんと計算したことがありますか。

組織マネジメントとしての産業保健研究は進んでおり、多くのアカデミックエビデンスがあります。疫学や医療の知識が必要な先行研究や過去の事例を示し、最新かつ最高の提案をいたします。

最新の行動経済学・脳科学・組織心理学・精神神経医学・社会心理学をベースに実際の行動に特化した理論に基づく人材育成

組織の倫理、組織の理念という種が根付けば、人は勝手に育ちます。
そのような育て方でなければダイバーシティ&インクルージョンの健康的な世界でのびのび過ごせません。
理念の共有に加えて組織を能力の発現しやすい土壌として耕すことで、従業員はポテンシャルを発揮し、のびのび成長していきます。

モバイルアプリSHINEの活用

オーダーメイドのヘルスプロモーション支援

数々のヘルス&キャリアプロモーションプログラムやプロジェクトの中で、企業の強みが最も活かせて伸び幅の大きい順序や内容をアレンジします。
できていることを増幅しながら新しいことをどんどん始めてしまう正の循環をセッティングすれば、日々、楽しく働くだけで会社がどんどん儲かるしくみが作れます。

労働衛生コンサルタント

専門医として研究者として社会的責任を全うする(MSOHP)

MSOHP(Medical - Social Oriented Health and Career Promotion)

産業医 何もしない

手術などメディカルプロジェクトには炎上によるグズグズの空中分解はありません。20年間の手術管理の経験を活かし、すべてのプロジェクトをしっかりと完結させます。大きな目標、高い目標のために、業務や人材育成、人事総務の業務を段階的に完結させていくサポートを行ないます。

医学はエビデンスや実症例に基づいており、産業保健、労働衛生は主に法律や判例に基づいています。
一方で健康経営(Health and Productivity)は行動経済学や社会疫学なエビデンスや実例に基づいています。
組織や環境の改善は組織心理学、産業衛生学、人間工学などに論拠しています。

産業医は組織のかかりつけ医、組織の生活習慣を整えて致命的なイベントを起こさず、楽しく幸せにワクワクする毎日を末永く生きるための伴走者です。
ときには一般的なかかりつけ医と同様に、一緒にプロモーションに参加したり、さらに高次の専門機関を紹介したりします。

オンライン診療心陽の特徴として、命を救う現場で20年にわたる臨床経験を持つ専門医ならでは、医療機関(心陽クリニック)との連携により、バーチャル企業内診療所SHINEクリニックを通して、企業と社員による社員単位の訪問、およびオンライン医療サービスを提供します。
会社にいながらアブセンティーズムなく、プレゼンティーズムを削減できます。

 

ウェルビーイングスコア

また研究者として企業内のデータを解析し企業ごとの業務関連性ウェルビーイングを測定します。各社員がゲーム感覚で健康行動を選択する度にスコアは上がり、各社員がその健康行動、心理社会的ウェルビーイングによって会社に貢献している度合いを社員全員が互いに見ることができます。もちろん部門単位、組織全体での評価も可能です。

「会社の業績は社員の健康状態で9割決まる」といいます。産業医は産業保健の専門家で、経営判断において医学的なコンサルテーションを行なうのがメインの機能です。働く従業員の健康管理はもちろん、組織の運営に通じ、バイオ、サイコ、ソーシャルなユーダイモニア的ウェルビーイングが最大になるアウトカムを導きます。健康診断事後措置やストレスチェック実施者として専門外の産業医は存在しません。
働かない産業医、仕事を選ぶ産業医にお困りの企業は、すぐにその無駄なコストを削減しましょう。

「人材こそ最重要資源」と謳うのは簡単ですが、表現以上の実感を当の社員に持たせてはじめて意味を持ちます。人材をコストから資源に変える改革に、今、踏み出しませんか。

 

心陽にできること SHINYO'S UNIQUE GOOD PRACTICES

マネジメントする専門医 FOR HAPPY WORKERS & HEALTHY COMPANIES

心陽は組織の健康維持・増進を支援する専門産業保健サービスを提供します。

組織それぞれのMISSION、VISION、VALUEに応じた、真に機能する労働衛生管理を実現するため、現在の優れた取り組みを生かした組織健康戦略計画を提案しつづけます。

御社独自のCSRを果たす社会貢献を、すばらしいチームのメンバーたち、すなわち社員たちともっともっと実現して、会社と社員の相思相愛をふくらませましょう。

内外の産業環境保健研究実績を生かした専門職ならではの視点

労働者の法定健康診断制度があるのは日本だけです。本気で社員の健康を考えるのなら、ただ、勧められた健康診断を実施するだけでは足りません。健康診断実施率をあげることが、経営にどう関わるのかを考えたことがありますか。

生産性を決めるのは社員個人の能力やパフォーマンスだけではありません。アブセンティーズムとプレゼンティーズムという用語をご存じですか。実際に外部委託する産業保健サービスの費用対効果をきちんと計算したことがありますか。

組織マネジメントとしての産業保健研究は進んでおり、多くのアカデミックエビデンスがあります。疫学や医療の知識が必要な先行研究や過去の事例を示し、最新かつ最高の提案をいたします。

最新の脳科学・集団心理学・個人心理学・精神神経医学・組織学をベースに行動科学に特化した理論に基づく人材育成

モバイルアプリSHINEの活用

オーダーメイドのヘルスプロモーション支援

労働衛生コンサルタント

 

 

最初から最後まで責任を持つ専門医 MEDICAL CONCIERGE → MSOHP

命を救う現場で15年以上の臨床経験を持つ専門医だからこそ期待に応え、オフィスにて医療サービスを提供します。意外に知られていませんが、産業医は対企業の存在であり、対人医療行為を行えません。企業が元気になるためには、法人だけでなく経営者や社員、つまり「ヒト」が元気になることが重要です。

「会社の業績は社員の健康状態で9割決まる」という専門家がいます。せっかく会社に出入りさせる医者に、専門外だからと問題ごとに逃げられては、経営が頓挫します。心陽はあらゆる社会的・身体的・心理的問題にしつこく向き合います。
心陽は社医や社内診療所を有する一定規模以上の企業より、社員全員に本気で目の届く中小企業を得意とします。対象企業には社内診療所の設備はありません。社内のちょっとした健康対策を相談できる医者を有効活用しましょう。

医療コンシェルジュ機能の利用で、特に経営陣の貴重な時間を有効利用できます。

企業の労働衛生を管理するコンサルタントと、「ヒト」を診る専門医の両方の特性を融合させることで、企業経営を発展させる組織人事管理に新提案を生み出します。

「人材こそ最重要資源」と謳うのは簡単ですが、表現以上の実感を当の社員に持たせてはじめて意味を持ちます。人材をコストから資源に変える改革に、今、踏み出しませんか。

MSOHPとはMedical - Scientific Oriented Health Promotion の略。

 

 

グッドプラクティスに注目したポピュレーションアプローチ APPRECIATIVE INQUIRY

日本の保険医療制度は、まず病名ありきの疾患アプローチで成り立っています。また、これまでの労働衛生は疾患罹患可能性の高いハイリスク群を向いていました。しかし、会社に貢献してくれているのは、心身の健康自己管理のできている社員です。そして実際は、セルフケアのできる社員が9割前後の多数派を占めているのです。

これからの労働衛生、つまり企業経営のための社員育成は、ポピュレーションアプローチに則らなければなりません。厚生労働省の健康日本21、ストレスチェック義務化などの政策も一次予防の重要性を強調しています。

疾患群やハイリスク群に目を向け、問題のある社員にのみ予防対策、健康施策を講じるのは本当にユニバーサルな福利厚生とはいえません。今まさに、よい生活習慣や就業姿勢で会社に関わる社員こそ、最も福利厚生を与えるべき重要な資産です。

現在、できているよいところ、「グッドプラクティス GOOD PRACTICE」に着目し、グッドプラクティスを評価していく過程で、課題はきちんと浮かび上がります。健康診断の有所見者やストレスチェックの高ストレス者ばかりを見ようとしても、グッドプラクティスを抽出していくことはできません。

グッドプラクティスに着目したポピュレーションアプローチによる職場の環境向上や社員の健康管理に社員を参加させることで、社員はセルフケアと同時にマネジメントに参加し、仕事へのやりがいとストレス耐性を強めていけるのです。

ポピュレーションへのリテラシー提供は、社員たちのよいところを更に伸ばします。知恵を得て社員一人一人の社会的・身体的・心理的健康セルフケア能力は更に向上し、組織の実力を高めます。

SHINE(シャイン)の利用で、個人情報管理を通した自己責任能力が浸透し、社員のセルフマネジメントへの強い意識が企業マネジメントに直結するのです。

 
ページ上部へ