ホーム>アプリのご紹介

アプリのご紹介

SHINE makes 社員s SHINE.

大好きな会社で、大好きな仕事を、健康にこなす。

いきいき・わくわく働く社員が、自分の健康に責任を持ち、自己管理する支援ツールとして、現在の状況を可視化し、常に新しいリテラシーを吸収し、必要なときに最適な専門職の声を聴くことができる新しいツールです。

心理テストをするように、ゲームで遊ぶように、シャインのプログラムを利用することによって、ストレスレベルをコントロールし、社内のマネジメントに参加することができます。

モバイルアプリで身につけるモバイルリテラシー

SHINEイメージ

知識は社員一人一人が所有する携帯可能な資本です。
SHINEで身につくリテラシーは一生ものです。

まなび機能ではさまざまな専門家によるリテラシーの向上を実現します。

ストレスパフォーマンスカーブとMBSRの理論に基づいたセルフマネジメントはSHINE独自です。日本の文化、特にコミュニケーションに注目して作成しています。
日本の医学部教育上必修科目となる行動医学の基本を網羅しています。

本来それぞれの社員のものである健診結果・医療情報を管理し、同時に、労働衛生管理ツールとして産業保健スタッフを支援します。

もちろん、法定ストレスチェック対応シャインパフォーマンスチェックが実施できます。

 

 

3つの主要機能

3つの主要機能

カラダ履歴(基本的に無償のサービス)

各種PHRデータの保存(PDS)機能

→企業健診、特定健診結果

→ストレスチェックスコア

→他

データは住所録の相手に本人の意志で共有できる

 

スパイダトーク(有償オプションサービス)

P2Pチャット

ビデオ面談

→産業医、保健師相手。匿名コール機能、外部専門医師、カウンセラーとの接続

 

まなび(有償オプションサービス)

ヘルスプロモーションコンテンツの配信

マルチベンダーブックシェルフ方式

 

カラダ履歴

ストレスチェックテストは2パターン用意(無償サービス)

→職業性ストレス簡易調査票フィードバックプログラム

・厚生労働省推薦の職業性ストレス簡易調査票 全57問

・個人評価シート ・組織向け簡易レポート

2015111619378.jpg

→完全オリジナルストレスチェック

・Drools(ルールエンジン)利用により、回答の経緯により全30問~100問

(プレゼンティーズム調査対応)

・ストレスのポジティブな側面や働きがい、企業との相性をしっかりとチェック

・職場環境改善に直結する質問項目

・石田陽子医師による、【ストレスチェックは何故やるの?】ビデオガイダンス

 

健診結果配布→保存(有償オプションサービス)

→健診XMLに対応、その他健診機関のCSVにも対応

 

その他の有償オプションサービス

→お薬手帳データ取込み(ポケットファーマシーと交渉中)

→FitBitのデータ取込み

→健診結果の【見える化】レポート

 

PLRによる、上記すべてのデータシェア(データ開示)

 

スパイダトーク

P2Pチャット

P2Pチャット

→ LINEライクなチャット機能(スマホのみ)

・産業医、保健師との相談、カウンセリング

・端末にデータを保存しない、テキスト暗号化

・匿名での申込みが可能

ビデオカンファレンス機能

ビデオカンファレンス機能

→スマホ、PCから利用可

・スケジュール予約機能

・費用本人負担の外部専門家との接続

ページ上部へ