ホーム>確実な生産性向上を目指す皆さまへのサービス>スリープヘルスで生産性向上>スリープヘルスを可視化>睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

自宅で行なう睡眠検査

一度の睡眠でたくさんの情報が得られます。

睡眠を可視化する手段として、もっともお勧めするのが、自宅で行なう睡眠検査、【携帯用装置を使用した終夜睡眠ポリグラフィー】、通称、簡易型PSG(ポリソムノグラフィー)検査です。(ACCJによる医療政策提言解説コラムはこちら)

20201025203939.png

PSGのP(ポリ)は「複数」、S(ソムノ)は「睡眠」、G(グラフィー)は「記録」です。
睡眠に関する複数の項目を客観的に連続、同時記録する、医療として認められている臨床検査です。

複数の項目とは

呼吸の状態(無呼吸や低呼吸などの呼吸イベント:AHI・RDIなど)、「いびき」の状態(大きさや頻度)、循環動態(プレシスモグラフィーによる脈拍、脈波)、酸素飽和度(全身の酸素か状態を評価するための血中の酸素化ヘモグロビンの割合)とその低下指数であるODI、体位(姿勢、寝相)、睡眠深度(深睡眠・浅睡眠・REM睡眠など)・・・

自分ではけっして知ることのできない情報ばかりですね。

いつも通りの睡眠環境で検査ができる

難しい内容は以下にお伝えしますが、この検査の一番、すばらしいところは「いつも通り、自宅のベッド(ふとん)と枕で眠れること」です。

20201025202134.png

あらゆる「生活習慣病」は、生活の中で起こっていて、医療機関はむしろ、アウェーです。
病院で測ると血圧が高くなってしまう「白衣高血圧」の例でわかるように、生活習慣病を普段の生活にとってはアウェーの医療機関で測定することによる誤差はイメージできるでしょう。

睡眠ももちろん、生活習慣の一部、その検査を生活習慣の中で完結できることは、非常に有利です。
いつもと同じ家の食事、いつもと同じ家のお風呂のあと、いつもと同じパジャマで、検査してみて下さい。

そんな気楽さを可能にするのが、株式会社心陽が推奨する、イスラエルItamar Medical製の睡眠評価装置「ウォッチパット(WatchPAT)」を用いた検査です。(日本経済新聞による関連記事はこちら)

2020102518478.png

PAT(Peripheral Artery Tonometry:末梢動脈血流測定)テクノロジーにより、交感神経活性に伴う血管収縮により変化する末梢の血流量をセンシングして、鼻カニュラ型気流計や複数の脳波電極を用いずに、呼吸イベントや睡眠深度を検出します。

最新型では、PATプローベと酸素飽和度モニタリングプローベを合体させたUPAT(ユニファイドPAT)プローベでさらに簡易化を実現しました。

だから、喉元のちょっとしたシール、手首に巻くバンド、指先のサックだけで、検査が可能です。

顔が空いているので、CPAPを装着したまま、治療効果判定にも用いることができます。

複雑なフルPSG

20201025191620.png

これを簡易型というからには、当然、より詳細で複雑な睡眠検査が存在します。それが、【安全精度下で行なう終夜睡眠ポリグラフィー】、通称フルPSGです。

フルPSGは、検査料金だけでも5倍以上で、入院が必要なため、検査料金以外にもコストがかかります。

保険診療の診療報酬は簡易型で9,000円、フルPSGで47,500円です。自己負担額が3割だと、簡易型は2,700円、フルPSGは14,250円です。

そして、実施施設は限られます。

複雑な検査では、たくさんの電極シール、耳にかけて鼻孔に挿入する気流モニター、胸とおなかに巻くベルト、そこからつながるたくさんの管が必要になります。

もちろん、複雑な検査の方がより精密で、多くの情報が得られますが、受検者には、時間や費用というコストがかかります。
簡易型の検査結果によっては、フルPSGが必要になる場合がありますが、簡易型の検査のみで、有効な治療を開始できることが多いのです。

睡眠時間を捻出するのもたいへんな、多くの働く人々にとっては、まずは簡易型で自分の睡眠を可視化するのが現実的でしょう。

臨床研究により、ウォッチパットによる簡易検査では、睡眠深度やAHIの検出力が複雑な検査と有意に相関するという結果が出ています。(「有意」の説明はこちらのコラムで)

20201025204751.png

20201025205337.png

【ハーバード発】 最新SASリスクチェック

米国ボストン生まれの心陽オリジナルSAS(睡眠時無呼吸症候群)リスクチェック

眠らない人間がいない以上、睡眠衛生の向上は究極のポピュレーションアプローチターゲットです。
睡眠ほど全従業員に関連し、その健康と生産性を左右する因子はありません。

20201010205549.jpg

また、ハイリスク戦略のターゲットとしても、メンタルヘルス不調ではなく、SAS(睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome)こそ、企業が従業員の健康増進介入として治療を支援するべき重要な疾患であり、症候であると心陽は考えています。

20201010211555.jpg

日中の作業効率低下はもちろん、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めて、国民医療費を増大し、個人の生涯生産性を奪うSASは、有害な副作用や侵襲のない物理的な治療が可能な疾患で、その治療により、難治性の高血圧、脂質異常、糖尿病、高尿酸血症などの生活習慣病のコントロールが良好になることが科学的に明らかになっています。

「睡眠医療 × 産業保健」の師として、心陽代表の石田が心酔する
Stephanos Kales ハーバード大学医学部教授兼ハーバード大学公衆衛生大学院教授が、米国政府の依頼で作成した職業運転手向けのリスクチェックを、日本人に合わせて修正したのが心陽オリジナルリスクチェックです。

2019年第92回産業衛生学会では、心陽代表の石田が、リスクチェックの精度と効果、そして企業が積極的にスリープヘルス(睡眠衛生)に取り組むべき意義を発表しました。

同時に同学会ではオンラインCBT-I(睡眠認知行動療法)であるABCスリープをシリーズ第二弾とするオンラインCBTプログラム【ABCシリーズ】と、SAS治療のメインであるCPAPのうち、グッドデザイン賞を受賞した純国産のJPAPを展示しました。

マランパチー分類 Mallampati Classification

20201010214048.jpg

Kales先生は消防士や救急救命士、警察官など、有事には生物学的な限界を超えるストレスを体験する災害時のエッセンシャルワーカーに対する産業保健管理を得意とします。
 
そのKales先生ならでは、リスクチェックで採用しているマランパチー分類は、麻酔科専門医にはなじみ深い、気道確保困難を類推する指針です。
リスクチェックでは、ご自分で鏡で見ていただきますが、できるだけ水平に観察してください。
本物の麻酔科医兼スリープクリニシャンに直接、診察してもらいたい場合は、ぜひ、心陽クリニックをご受診ください。

質問紙の妥当性

医学的に診断価値を認められている質問紙の妥当性を検証するには、その感度、特異度、再現性などなどさまざまな切り口から複雑な学術的評価が必要です。
世の中で「健康にいい」と宣伝される多くのサービスには、このようにつじつまの合ったエビデンスと妥当性があるもののほうが珍しいことは、注意が必要です。もちろん心陽オリジナルSASリスクチェックはその診断妥当性や安全性が認められている正真正銘、本物の検査です。

ESS【エプワース眠気尺度】

ESS(エプワース眠気尺度)は、世界中の臨床で用いられる、科学的エビデンスと妥当性のある、日中の眠気の自覚に関する質問紙です。
内外でSAS(睡眠時無呼吸症候群)の簡単なリスクチェックとして用いられ、確かにその陽性検出率は高いです。

SAS患者と非SAS患者を比べると、有意にSAS患者のESSスコアが高いという研究はいくつかありますが、そのほとんどが有症で受診して診断されたSAS患者にあとから非SAS患者を対応させるデザインです。
そのデザインにおいても、ESSはSASリスクチェックとしての妥当性がないと結論づける研究が多く、心陽の行なった全員無症状の日本人労働者を対照としたスクリーニングでは、ESSスコアとSASの有無に関連はありませんでした。
また、順天堂大学谷川教授らの日本の労働者を対象とした研究では、むしろ、ESSが低いのにSASのある患者の重症度が高いことが明らかになっています。

SASリスクチェックでハイリスクの場合、受診のきっかけにしていただくのはもちろんですが、もし低リスクであっても、一度、簡易検査を受検することをお勧めします。

症状により、健康保険が利用でき、初診料と合わせて3,560円、かかりつけの医療機関なら再診料で2,920円の自己負担です。

結果が出てからはじまる行動変容こそが、たいせつ

2018121104120.jpg

心陽クリニックでは、初診からオンライン診療でSAS検査が受けられます。

自費、保険利用を問わず、オンラインでお申し込みの上、スリープチェックとSASリスクチェックに再度ご回答いただきます。

その後、ご自宅に届く検査キットを用いて、ご自宅でいつもの睡眠時に検査をして、キットを送り返していただくだけです。
一度も来院することなく、結果をご自宅でご覧になることもできます。

検査結果では、寝相やいびき、睡眠の層(これにより、標準よりショートスリーパーかロングスリーパーかなどの予測が可能です)など、普段は絶対に客観視することのできない睡眠時の自分を見つめることが可能です。

ぜひ、お試しください。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査は簡単です

不妊治療と不眠治療は夫婦でやるから愛が深まる!

ラブラブブラブラ

衣食住や生活の潤いは大切ですが、睡眠の時間もたいへん大切です。

なぜ睡眠が重要なのか? 私たちの知覚する生活は覚醒時だからこそ、よく起きるために、よく起きてよく生きるための睡眠を自分のために、パートナーのために、家族のために、仕事のために、そして社会全体のためにていねいにプロデュースするのが地球に生きるマナーでもあるのです。

検査はとても簡単で、ご自宅に宅配便で届くキットを説明書の通りに装着し、いつもと同じように眠るだけです。検査が済んだらキットを送り返し、結果がくるのを待つだけです。

睡眠時無呼吸症候群を疑う症状のある方は保険診療が適用できます。かかりつけ医で再診時にお願いするなら2,920円、初診でも3,550円の自己負担額です。
一晩の飲み会代より安いのではないでしょうか。

睡眠に関わるコラムを更新中です。是非ご覧下さい。

迷うよりまずは測定してみよう

睡眠時無呼吸症候群の検査は、睡眠時にどのような呼吸をしていて、どれくらい無呼吸や低呼吸(不充分な呼吸)があるか、その回数と持続時間、そしてその結果、血液の中でどれくらい酸素の量が不足しているか、その不足の程度と持続時間などを持続的に評価します。

死腔

不充分な呼吸とはなんでしょう。左の図をご覧下さい。私たちは鼻の穴や唇から空気を体の中に入れますが、その空気に含まれる酸素が体の中に溶け込むのは肺胞と呼ばれる部分に到達してからです。食事をしても口の中や食道、胃では栄養を吸収できないとの同じです。食事と違って呼吸の場合は吸った空気をまた吐き出します。肺胞にいたる前の表面だけで浅い呼吸をしていると、空気の出し入れはあっても酸素の補充が行なわれません。ガス交換が行なわれる肺胞までの空間は体重60kgくらいの成人で150mlくらいです。普段の呼吸は1回当たり体重(kg)の7~9倍(ml)(1分間に10~15回)くらいなので、普段の3分の1程度の小さな呼吸は無呼吸同様、ほとんど機能しません。

空気の出し入れは鼻の穴に何㎜か差した細いカニューレへの圧の増減で測定します。血液中の酸素の量は酸素飽和度と呼ばれる指先の血管を流れる血液の周波数によって得られる値で測定します。

検査

検査結果を見てはじめて私たちは眠っている間に自分がどのような呼吸をしているのかを知ることができます。新しい自分に向き合うだけでも、意味のある検査ですし、この検査の最大の利点は侵襲がないことです。レントゲンなら放射線被曝しますし、たかが採血といっても体に傷がつきますから、出血や感染、極端な場合は神経損傷などのリスクを伴います。

日中の眠気も睡眠への不満も一切感じていないのに家族から心配されている方には最も検査を強くお勧めします。実は睡眠の満足度や眠気、またショートスリープへの慣れなど睡眠に関する知覚や情動と実際の睡眠はあまり一致しないことが知られています。

睡眠時間の足りない人は、日中に必ず、マイクロスリープという本人すら気付かない短い居眠りをしています。これが大きな事故に繋がるリスクがあることは皆さんご存じでしょう。

検査を受け、結果をご覧になると皆さん、たいへん驚かれます。意識的にはとても止められない時間、無呼吸があるからです。

弊院では起きているときに酸素飽和度のモニターを装着し、意識的に呼吸を止めていただき、酸素飽和度が1%下がることがどれくらいたいへんなことなのかを体験していただきます。
眠っているときには一時的に20%以上酸素飽和度が下がる方は珍しくありません。
ところが、起きているときに必死に息ごらえをしたとしても、せいぜい数%しか下がりません。
もしも無呼吸や低呼吸があっても、酸素飽和度が保たれていれば、むしろ心配はいりません。
無呼吸や低呼吸の測定上の程度が高くなくても、大幅な酸素飽和度の低下が起きていれば、より詳しい精査や積極的な治療が望ましい場合があります。
いびきの回数や大きさは気道閉塞のヒントにはなりますが、必ずしも一致しません。
ひどいいびきでも無呼吸は少なく、酸素飽和度の低下が激しくない方もいれば、まったくいびきがなく、無呼吸もなく、持続も短い低呼吸の数が多いだけなのに酸素飽和度が大きく低下する方もいます。
その後、どのような検査や治療を選択するかは専門家が細かくご案内します。

まずは自分の眠りに向き合う、自分の眠りを知るという意味で、検査を受けてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ