ホーム>確実な生産性向上を目指す皆さまへのサービス>目的に応じたサービス

目的に応じたサービス

SHINE クリニック

詳細はこちら

「見える」&「変わる」ストレスチェック

厚生労働省が推奨するストレスチェック質問紙、職業性ストレス簡易調査票57項目を用いたオンラインストレスチェックを提供します。

「見える」&「変わる」ストレスチェック

心陽のストレスチェックの特徴は集団分析とその後の組織改善の「わかりやすさ」です。
ストレスチェックにおけるしっかりとしたエビデンスは組織や環境の改善によるものだけです。
疫学的な解析とエビデンスに基づく組織の「強み」を可視化して、得意な部分から底上げします。
もちろん個人結果にもわかりやすさを活かし、個人レベルの行動変容を適切に誘導します。
同時に個人への付録としてコーピング傾向とコーピングリテラシーを示すことで満足度を高めます。
行動経済学に基づくオーダーメイドの受検前コンサルティングにより、導入企業すべてで100%の受検率を達成しています。
高受検率によるリテラシーの集団免疫によりレジリエンス力の強い組織を実現します。

企業がストレスチェックを実施する第一の意義はコンプライアンス遵守です。
労働安全衛生法により、従業員数50人以上の事業場では事業主が全員に対してストレスチェック受検機会を与える義務があります。

助成金申請後の給付率 100%

50人未満の事業場には義務がありませんが、助成金の申請が可能です。
労働安全衛生法における事業場とは「場所的概念」により、同一の場所にある組織を一事業場という単位で捉えます。
たとえば社員数が100人でも業務の場所が3カ所あって、それぞれ45人、30人、25人が所属している企業では労働基準監督署への報告は不要で、複雑なマニュアルには柔軟に対処した上で、最大243,500円の助成金を受けてストレスチェックによるよいとこ取りをすることができます。

さらに進んだ心身医学的メンタルヘルスチェックもご用意しております。

詳細はこちら

健康経営

「儲かる健康経営」という命題を掲げ、健康投資を拡大し、健康人材で構成される健康組織は、健全な直接・間接収益をあげ、社会に貢献することができます。R.ローゼンは健康経営を、「従業員の健康こそ企業および社会に不可欠な資本であることを経営視点でとらえ、技術的な支援や健康投資を促す仕組みを構築することで、企業の収益性を高める経営スタイル」と定義しています。また、P.F.ドラッカーは、「人こそ最大の資源である」と主張します。 戦略的な健康価値を活用し、健康にかかるコストをしっかりと算出した上で、健康管理や福利厚生にとどまらず、新たな健康ビジネスを推進していく時代です。

「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です.

詳細はこちら

法定労働衛生

よく知られている法定健診の実施や産業医の選任以外にも、安衛法で事業者に義務づけられた労働衛生管理条項があります。
法律は多すぎるので、きちんと遵守するには知識とシステムが必要です。
心陽では法令遵守の労働衛生体制確立をサポートします。

詳細はこちら

ヘルスプロモーションプログラム(ポピュレーションアプローチ)

心陽の労働衛生管理はポピュレーションアプローチです。
あまりピンとこないことばかもしれませんが、人々をすでに病気になっている疾患群病気になる確率の高そうなハイリスク群その他のポピュレーション群に分けた場合、構成人数の比はおおむね1:10:100です。

参加者の健康ポイントを100P向上するヘルスプロモーションプログラムAと、20P向上するヘルスプロモーションプログラムBがあったとします。
Aは疾患群にのみ有効で健康な人には有害で、Bはすべての人に有効です。
社員数1110人の会社でこのプログラムを適用すると、50%の対象者がAのプログラムに参加した場合、社内で増加する総ポイントは500P、
20%の社員がBに参加した場合、総ポイントは4440Pです。
この健康ポイントが社員のパフォーマンスを表すとしたら、企業の利益と正の相関をするはずですね。
ヘルスプロモーションプログラム実施コストは同額と考えた場合、経営者なら、どちらを選択しますか。

また、すでに病気を発症している人の100Pアップと現在しっかり働けている人の20Pアップはどちらが全社の生産性をあげるでしょうか。
参加率を上げる取り組みはヘルスプロモーションプログラムには有意義ですが、参加率を最大にしたとき、
Aの総獲得ポイントは1000P(+500P)、Bの総獲得ポイントは22200P(+17560P)です。

実際のヘルスプロモーションプログラムの参加率は対象群によらず1未満~数%が一般的で、15%でも奇跡といわれています。



 

詳細はこちら
ページ上部へ