ホーム>サービス SERVICES>目的に応じたサービス>ヘルスプロモーションプログラム(ポピュレーションアプローチ)

ヘルスプロモーションプログラム(ポピュレーションアプローチ)

モバイルアプリで身につけるモバイルリテラシー

SHINEイメージ

知識は社員一人一人が所有する携帯可能な資本です。
SHINEで身につくリテラシーは一生ものです。

まなび機能ではさまざまな専門家によるリテラシーの向上を実現します。

ストレスパフォーマンスカーブとMBSRの理論に基づいたセルフマネジメントはSHINE独自です。日本の文化、特にコミュニケーションに注目して作成しています。
日本の医学部教育上必修科目となる行動医学の基本を網羅しています。

本来それぞれの社員のものである健診結果・医療情報を管理し、同時に、労働衛生管理ツールとして産業保健スタッフを支援します。

もちろん、法定ストレスチェック対応シャインパフォーマンスチェックが実施できます。

 

 

リテラシー向上(ポピュレーションアプローチ)

心陽の労働衛生管理はポピュレーションアプローチです。

あまりピンとこないことばかもしれませんが、人々を

  1. すでに病気になっている疾患群
  2. 病気になる確率の高そうなハイリスク群
  3. その他のポピュレーション群

に分けた場合、構成人数の比はおおむね1:10:100です。

病気は医療機関で対処するとして、これまでの労働衛生はハイリスクアプローチでした。

たとえば、BMIの高い社員にだけ万歩計を配るのはハイリスクアプローチです。

しかし、健診結果に異常所見のあるハイリスク群にのみインセンティブを与え、セルフマネジメントに優れ、パフォーマンスが最も高い、しかも最大層であるポピュレーション群には何も与えないのは、おかしな話です。ウォーキングはハイリスク群だけでなく、ポピュレーション群にとっても好ましい生活習慣なはずですね。

心陽は疾患群やハイリスク群も含めた全社員にインセンティブを与えるアプローチです。

どの群にとっても効果的な介入でダントツにお勧めなのが、リテラシーの向上によるセルフマネジメント力育成です。

リテラシーは一次予防になり、社員の身につくので、職場を離れても役に立ちます。

セルフマネジメントは組織マネジメントに直結します。

また、ポピュレーションアプローチは「逆も真なり」です。社員を①幹部・エリート、②幹部候補・エリート候補、③それ以外(ポピュレーション)に分け、①には職務や報酬、②には①にプラスして積極的育成を与え、③を放っておいた場合、成果は上がらず、②には口がうまいだけなどの問題点が浮かび上がり、③は軽んじられたことを覚えています。人数比を考えれば、これが企業の将来にとっていかにばかげた人事計画かがわかりますね。

グッドプラクティス

リスクマネジメントの際には、欠点を見つけるのではなく、良好な点を探します。

他社のよい事例をたくさん知るだけでも、職場は改善されます。

職場評価の際には、まずいところではなく、優れたところを抽出すれば、改善を話し合う際にもポジティブ心理が加速し、有効な提案が浮かびます。また、よい点を確認することが強みの認識につながります。

グッドプラクティスベースを習慣化すると、社員にグッドプラクティスを探し、求め、報告する姿勢が身につきます。産業保健業界では、おなじ「ほう」でも、法律が多すぎ、報告(特に良好事例報告)が少なすぎるという課題があります。

グッドプラクティスを浸透させれば、職場の「ホウレンソウ」が活発になります。

 

ストレスとパフォーマンス 

ヤーキーズ・ドットソンの法則(Yerkes-Dodson's law)

刺激の加わらない、弛緩しきった心身の状態で仕事なんてできやしません。

ストレスはまちがいなく、パフォーマンスの栄養です!

ストレスレベルとはその時点までのストレスの集積

ストレスパフォーマンスカーブ法定ストレスチェックの目的は、現在のストレスレベルに見当をつけることで、メンタルヘルス不全の一次予防につなげることです。
心陽のストレスチェックの目的は更に前進し、「ストレスリテラシー」を高めてストレスをパワーとして利用し、ストレスコントロールによって、パフォーマンスマネジメントをすることです。

ストレスレベルとは、計測時点の急性ストレスとは異なります

・瞬間を計測しても無駄(ストレスリテラシーを高めるための利用は有効ですが、唾液アミラーゼ値やコルチゾル濃度の計測、指尖脈波、LH/HF比などは、計測時のストレスを反映します)

・ストレスレベルと関連するのはパフォーマンス(上図)

・ストレスパフォーマンスカーブに気分軸はない・・・ストレスレベルと抑うつ、不安、恐怖、怒りなどは相関しない

・ストレスパフォーマンスカーブに時間軸はない

・ストレスマネジメントによって、ストレスレベルを軽減、維持することで、理想のパフォーマンスレベルに居続けることができる

・さらにはブレイクアウト(フロー又は、ゾーン)する可能性もある!!

BREAKOUT

 

ストレスレベルが同じままでも、カーブのかたちが変われば、パフォーマンスは高まる!!

ストレスはパワー

ユーストレスを有効利用しながら自分のパフォーマンスをコントロールするのがかっこいい。

ひとたび、カーブのかたちを変えれば、ストレスレベルが下がってもパフォーマンスは高まる!!

 

 

 

 

ストレスカーブには気分や時間の軸はありません

気分の波.png右の図は気分の上下と時間との関係を表しています。誰でも気分の上下を繰り返しますが、沈んだままになってしまう、上下がありすぎたり、なさすぎたりするのが気分の不全です。

ストレスが高くなると必ず気分が落ち込むエビデンスはもちろん、メンタルヘルス不全になるなんて事実はありません!

ページ上部へ